お問合せは今すぐどうぞ!


デイオールオムの偽物の見分け方


ディオールオムは偽物が多いブランドです。

国内にはあまりありませんが、海外には偽物を見分ける方法を詳しく解説しているサイトもあります。それらを参考に、偽物を見分ける方法を簡単にご説明したいと思います。

英語が分かる方は、こちらを参照ください。

偽物を解説しているサイト、FAKE HUNTER
eBay内の解説ページ eBay Reviews & Guides

ただし、ここで偽物として説明されている特徴に合致するからと言って、100%偽物だとは言い切れませんのでご注意ください。

また、よくお問合せを頂きますが、当社では真贋鑑定は一切行っておりません。買取客を装って商品を持ち込まれた場合は、1点につき1万円を請求させて頂きます。

また、百貨店、直営店で購入したと証明できるもの(レシートや、ショップカード)がない場合も、買取を行っておりませんので、ご了承ください。


Diorのネームタグで判断する


Diorのロゴが不自然になっている

首元に付いているシルバーのネームタグのロゴですが、『Dior』のレタリングが大きすぎる場合、偽物が疑われます。また、2001AWなど初期の頃には、『Dior』が刺繍でなく単なるエンボス(浮き彫り)加工になっていますが、こちらは正規の仕様です。ただし最近のものでエンボス加工だったら疑ってみましょう。


ネームタグが黒糸で縫われている

ネームタグが、本体に対して黒糸で縫われている場合、偽物が疑われます。もちろん、ネームタグが取れてしまい、黒糸で補修した場合もあるので、よく見極めてください。


『HOMME』と印字されている

通常、ネームタグには『Dior』としか印字されていませんが、『Dior HOMME』と、HOMMEまで印字されている場合があります。この場合は、偽物と疑われます。


サイズタグで判断する


サイズタグと、Diorのネームタグが合体している

サイズタグは通常独立していますが、Diorのネームタグに縫い付けられている場合があります。この場合、偽物が疑われます。



Bee(蜂)刺繍で判断する


Bee刺繍の縫い目、プロポーションで判断する

偽物のBee刺繍の手足は非常に荒っぽく縫われています。そして近くで見ればギザギザが非常に目立ちます。本物も多少のギザギザ感が出ている場合がありますが、偽物は明らかに荒っぽいので、違いは明らかです。また、蜂のデザインが左右対称でなかったり、曲がっていたりするなど、プロポーションが悪い場合も、偽物が疑われます。


品質表示タグで判断する


=「登録商標マーク」の位置に注意する

登録商標マークが、『DIOR HOMME』の印字の右上ではなく、洗濯記号の付近など、不自然な位置にある場合、偽物が疑われます。


品質表示タグの材質やカッティングで判断する

品質表示タグ(ファブリック・コンテンツタグ)の、材質やカッティングが荒い場合、偽物が疑われます。本物は滑らかな銀色の生地がシャープにカッティングされています。


誤植で判断する

品質表示タグに誤植が見られる場合、偽物が疑われます。本来は、『100% Cotton』と記載されるべきところが、『1_0% Cotton』のように『0』が抜けている場合などがあります。


実物の素材と、表示されている素材が違う

品質表示タグには100% Polyesterと書かれているにに、実際にはどう見てもウールにしか見えない場合、偽物が疑われます。


生産地が複数記載されている

一つの品質表示タグの中に、『Made in Italy(イタリア製)』、『Made in Turkey(トルコ製)』など、複数国が記載されている場合は、偽物が疑われます。


生産地が中国となっている

中国製(Made in China)と記載されているものは、偽物が疑われます。



お問合せは今すぐどうぞ!

不明な点は、下記よりお問合せ下さい。(買取を希望される方からのお問合せだけ受付しております。真贋を確認したい方からの質問は一切お断りしております。)